STD(性病・性感染症)

1)STD(性病・性感染症)」とは

性行為により感染する病気のことです。

入院

2)誰にでも起こりえる病気です

「性病」というと、ひと昔前までは一般の人には関係ない、性風俗の病気というイメージでしたが、現在ではごく普通のカップル間でも広がっています。

性感染症は、私たちの誰にでも関係のある病気なのです。

3)STDの感染経路

STDは性行為で感染し、性行為以外の日常生活では感染しません。

入院

4)なぜSTDに気をつけないといけないの?

  1. 症状がでにくいSTDはパートナーに感染させる可能性があります。
  2. 症状がでなくても進行します。
  3. 男女ともに不妊の原因になることがあります。
    妊婦さんは流産や早産の原因になることもあります。
入院

5)子供に感染します

出産時に感染の可能性があります。
こどもに感染すると肺炎や脳症、失明の原因になったり死に至ることもあります。

入院

6)STDの予防はどうしたらいいの?

コンドームをつけることをこころがけましょう。

コンドームで防ぎきれないSTDもありますが一番現実的で確実な予防方法がコンドームの着用です。
また、STDはのどにも感染します。

オーラルセックスが一般的になりつつありますが、 オーラルセックスからの感染が広がっていますので注意をしてください。

入院

7)STDは自然治癒はしません

「気になることがあった・・症状はないけど・・・もしかしたら」「これって何の症状?」など、もしかしてSTDかもしれないと思ったら。放置せずに早い対応が必要です。

STD(性病・性感染症)の多くは、「症状を感じない」ことが特徴です。
そして、STDは放っておいて自然に治ることは稀です。

気になる症状があるときは受診をしてください。

入院

淋病

正しくは「淋菌感染症」といいます。
感染者との粘膜接触(オーラルセックスやコンドームなしのセックス)などで感染します。

性風俗などで感染するケースが多く男性が排尿痛や黄色い膿が尿道から出るなど自覚症状があるのに対して、 女性はオリモノの増加のみで痛みもなく自覚症状が現れにくいという特徴があります。

感染から自覚症状がでるまでに概ね1~7日程度。
症状がでたらすぐに治療をしないと難治化します。
女性は症状がでてきにくいためにパートナーも必ず検査をすることをおすすめします。

クラミジア

日本で最も多い性感染症。
感染者との粘膜接触(オーラルセックスやコンドームなしのセックス)などで感染します。

男女ともに症状はでにくいのですが、男性のほうが比較的症状が出やすく尿道がむずかゆくなったり白い膿が出たり、 前立腺炎や副睾丸炎をおこして高熱になることもあります。

女性は症状が現れにくいため治療が遅れて卵管炎を起こして不妊になるケースもあります。
感染症から自覚症状が出るまで概ね3~4週間ありますので感染源の特定が難しい点が淋菌性感染症との大きな違いです。

梅毒

梅毒トレポネーマという病原体が侵入して感染します。

潜伏期間は3~4週間程度なので血液検査は性交渉があってから3週間後以降に検査をし判定します。
症状がなかなかでない潜在梅毒も多いです。

梅毒は治療しなければ、第1期、第2期、第3期・・・と段階的に進行します。

梅毒には第1期~第4期までありますが、現在では1~2期までに治療をすることが多いので第3期4期までに進行するケースは稀です。

  • 第1期 感染後3週間~三か月を第一期といいます。性器に無痛性のしこりが発生します
  • 第2期 感染後3か月~3年を第2期といいます。全身にバラ疹という特徴的な赤い発疹が手足の裏から全身に広がります。
  • 第3期 感染後3年~10年を第3期といいます。皮膚や筋肉、骨などにゴムの塊のような腫瘍が発生します。
  • 第4期 感染後10年以上を第4期といいます。この段階まで進行すると内臓や脳、神経や臓器に腫瘍が広がり死亡に至ります。

エイズ

HIV(エイズウイルス)はヒト免疫不全ウイルスともいいます。

HIV感染し治療をせずに数年~10年たつとだんだん免疫が低下し、健康な人であればなんでもない菌やウイルスで日和見感染をおこしさまざな症状や病気を発症します。
その状態が「エイズ指標疾患」にあてはまると「エイズを発症した」と診断されます。

発症後の症状は多彩で原因不明の発熱、体重減少、下痢、カビによる肺炎、皮膚症状、寝汗など。

HIVの感染経路は3つあり

  1. 性行為
  2. 注射などを使用した血液による感染
  3. 母子感染
があり、日本では性行為による感染が最も多いです。

HIVウイルスは通常の社会生活で感染することはありません。
HIVは空気に触れると死滅するウイルスです。

HIVウイルスを多く含むのは血液、精液(さきばしり液含む)、腟分泌液、母乳などの体液です。
汗、涙、唾液、尿、便などの接触による感染の可能性はありません。

ケジラミ※1

吸血性昆虫のケジラミが陰毛に卵を産み付け繁殖。
成虫が血を吸うので男女ともに症状は発疹などなく寄生部分が痒くなります。
主に性行為で感染をしますが、まれに温泉やプール・サウナなどで感染も。

虫は人体から離れても48時間は生存するので、寝具、シーツ、タオルなどで家族内に広がることもよくあります。

性器ヘルペス※1

ヘルペスの病変部(小さな水泡や発疹)と接触することで感染します。 口唇ヘルペスが性器に感染することは稀ですが、過去に事例はあります。

性器ヘルペスに感染し、発症すると男性は亀頭部に水泡や発疹。
女性は大陰唇に水泡ができて破れて潰瘍になると歩行も困難なほどの激しい痛みといった自覚症状があります。

ヘルペスは一度感染すると完治できない感染症なので発症させないように上手に付き合っていかねばなりません。
胎児は経膣分娩で感染しヘルペス脳症に罹患することもあるので妊婦は注意してください。

カンジダ※1

よく「カンジタ」と間違われますが「カンジダ」です。

カンジダは厳密な意味での性感染症ではなく誰でも体内にもっているカンジダ真菌が病中病後、またはストレス過多で免疫が低下しているときに発症します。
主に女性が発症しやすい感染症です。

男性は生殖器が外にでているので真菌は繁殖しにくいのですが、通気性があまりよくない場合に稀に亀頭部にかゆみやただれが現れたり、水泡や白いカスのようなものがでてくることもあります。

女性は膣内で活発に活動しだし外陰部が赤く腫れ、排尿痛やかゆみなどの症状がでます。

尖圭コンジローマ※1

「コンジローム」と呼ばれることもあります。

ヒト・パピローマウイルスが原因の性感染症で男性は亀頭の周りの包皮に先のとがった大小さまざまなイボが多発し、重症になるとカリフラワー状のイボになります。

女性は陰唇、膣口にとがった大小さまざまなイボが多数できます。
アナルセックスやハードプレイ愛好者で肛門周囲や直腸粘膜内にイボができてしまうこともあります。

感染してすぐにイボをつくるわけではなく潜伏期間が1か月~1年と長いので感染源が特定しにくいです。
非常に再発性が高く三か月以内に30%は再発をすると言われています。

痛みもかゆみもないために放置をしてしまいがちですが、放置をするとどんどん増殖して排尿や射精が困難なるほどペニスを覆いつくしてしまったり、男性は陰茎癌、女性は子宮頸がんの原因になることもあります。

※1 ケジラミ、性器ヘルペス、カンジダ、尖圭コンジローマは当院でも診察や治療ができますが皮膚科受診をお勧めします。