膀胱炎と急性腎盂腎炎

1)急性単純性膀胱炎

皆さんが多く遭遇する尿路感染症は急性単純性膀胱炎です。
女性に多く見られる病気で原因はほとんど大腸菌です。

症状は
  • 排尿痛
  • 頻尿
  • 残尿感
  • 血尿白濁尿
などです。

膀胱炎の中には女性と子供が多く発病する出血性膀胱炎もあります。
原因は風邪などのウイルスやアレルギーによるものと考えられ、通常の膀胱炎とは区別して治療します。

入院

2)慢性複雑性膀胱炎

急性膀胱炎との違いは
急性膀胱炎の場合は、たまたま体力が落ちているなどのタイミングで尿道から細菌が入ったことによって発症するケースが多いですが、
慢性膀胱炎では、何かの基礎疾患(糖尿病 、前立腺肥大、尿道狭窄など)にかかっていて、その病気が原因で細菌が膀胱に住みつき、発症するケースが多いです。

3)間質性膀胱炎

間質性膀胱炎は急性単純性膀胱炎と慢性複雑性膀胱炎とは異なります。

症状自体は急性膀胱炎や慢性膀胱炎と似ていますが、細菌に感染しているわけではありません。
典型的な症状としては、尿がたまると膀胱に痛みを感じます。

いろんな説がありますが、はっきりした原因はまだ見つかっていません。
細菌に感染していないので抗生物質を使っても効果がありません。
間質性膀胱炎の場合には、症状を和らげたり抑えるといったことを目的として治療が行なわれます。

4)過活動膀胱

その名の通り膀胱が活動しすぎている状態の病気です。
     
  1. トイレが近い
  2. 急に強い尿意に襲われる(尿意切迫感)  
  3. 尿意が我慢できずに漏らしてしまう(切迫性尿失禁)

などの症状がでます。

原因として脳と膀胱や尿道の筋肉を結ぶ神経系のトラブルでおこる「神経因性過活動膀胱」と「非神経因性過活動膀胱」とあります。

5)急性腎盂腎炎

女性の場合は膀胱炎を放置していると急性腎盂腎炎を発症することもあります。
急に悪寒やふるえを伴う38℃以上の発熱や腰背部痛、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。

頻尿になりますが、一回の尿量は少なく排尿痛や残尿感があり尿が白濁します。
膀胱炎では発熱することはないので熱が出たら腎盂腎炎を併発したと考えてください。

安静と水分補給、点滴と抗菌剤の注射が1週間ほど必要です。
当院では主に外来による治療を優先しています。

膀胱炎以外の原因として腎臓結石や癌、水腎症など尿の停滞がある場合が多く、これらの病気を治さないと腎盂腎炎は再発を繰り返します。

また小児で風邪でもないのによく発熱する場合は、病院で尿検査をしてもらってください。
膀胱尿管逆流症による腎盂腎炎を見逃して、ひどい場合は腎臓機能が著しく低下することもあります。