骨盤内臓器脱

骨盤内臓器脱とは

骨盤内臓器脱(こつばんないぞうきだつ)は膣から骨盤臓器が脱出してくる病気のこと。
出産経験のある高齢の女性に比較的多く、出産経験のない女性にはほとんどみられません。
それぞれの脱出を膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤とよんでいます。
それぞれ単独で脱出することもあれば、多くの場合2つまたは3つすべての臓器が脱出してきます。
一番多いのが膀胱瘤です。

骨盤内臓器脱の原因は?

    もっとも最大の要因は出産です。

    出産で損傷した骨盤底の筋膜やじん帯が、加齢とともにゆるみが大きくなり臓器をささえきれなくなって、骨盤内臓器脱はおこります 。

    また、腹圧とも関係があるので

  • 便秘による排便のいきみ、
  • ぜんそくなどの慢性の咳
  • 重いモノを常に持つ仕事
  • 肥満

    なども要因になります。
    出産と加齢、さらに強い腹圧により 骨盤を支える組織が弱くなることで、骨盤内臓器脱はおこります。

    骨盤内臓器脱の症状は?

    初期症状は股の間にピンポン玉のような丸いモノがふれるように。
    進行すると、陰部に何かが下がっているような違和感がでてきます。
    不快感でつらいという方が多いです。

    膀胱瘤では排尿困難や残尿感。
    直腸瘤では排便困難や便秘を伴うこともよくあります。

    治療方法は?

    原則、手術です。
    メッシュ(画像参照)を用いた手術がほぼ標準手術となっています。

    初期の段階の方や、持病などで手術が受けられない方には
    骨盤底筋体操
    をおススメしています。

    強い腹圧で症状を悪化させないために、
    便秘
    ぜんそくなどの慢性の咳
    を改善する治療や生活の見直しをしています。

骨盤内臓器脱1 骨盤内臓器脱2