安心して手術を受けて頂くために

 
入院
当院の手術室では第一に患者の負担を軽減し、より安全かつ迅速に手術が遂行できるように努めております。
早期回復に配慮したチーム医療を取り入れており、安全で円滑な手術展開をサポートしています。
患者さまが安心して手術にのぞめるように配慮。
手術前に患者さまとコミュニケーションをとり、情報を把握し一人一人の患者さまに安心、安全に手術を受けていただけるように努めております。

執刀医は熟練した高度な技術と豊富な手術経験をもつ技術者です。
執刀医が外来も入院中の回診も担当。
直接、執刀医と患者さまが話をすることで、細かい質問や不安に対して適切な回答をしています。  

チームで支える安全重視の手術治療

手術を担当する看護師は経験豊かなベテランスタッフも多く、手術の全体像をしっかり把握。
手術室の看護師全体が、患者さまの不安やつらさに共感し、寄り添う看護を目指しています。
入院
入院

感染予防対策

中央材料室には手術機械や処置材料が安全に消毒、滅菌、処理されるように各種機材を用いて滅菌の質を保っています。
感染対策委員の専任スタッフが、感染制御のレベルアップに取り組んでいます。
入院
入院

2020年
前立腺肥大症の新しい治療として、
CVP(接触式レーザー前立腺蒸散術)を導入

CVP(接触式レーザー前立腺蒸散術)は 尿道から膀胱鏡と光ファイバーを挿入し
前立腺の組織に光ファイバーを直接接触させ、レーザーを照射します。
組織を気化・蒸散させ肥大化した前立腺組織を急速に消失させる術式です。 ヘモグロビンに吸収させる波長をもつレーザーにより、出血リスクを伴う症例においても適用可能に。

CVP(接触式レーザー前立腺蒸散術)のメリット

身体への負担が少なく、入院期間が短いので早期社会復帰できる術式です。
CVPの手技のアニメーション

当院での主な手術

  • 前立腺悪性腫瘍手術
  • 経尿道的前立腺手術(接触式レーザー前立腺蒸散術)
  • 経尿道的前立腺手術(電解質溶解利用)
  • 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶解利用)
  • 骨盤内臓器脱手術
  • 経尿道的尿管結石破砕術