平成30年開院記念

献立:ちらし寿司、天ぷら、含め煮、春菊の白和え、スナップエンドウのわさび和え、すまし汁、季節の果物

4月の初め、鹿児島は桜の開花が早かったものですから薄桜の中に新緑が混ざり始めた、季節の移り変わりを感じる中で川原腎泌尿器科クリニックは無事21年目を迎えることとなりました。
厨房スタッフはこの20年「治療食でもおいしく」をモットーに技術を高めてまいりました。
しかし超高齢化社会へと移行する今、疾患食以外でも嚥下食など今までとは違う調理技術の習得も必要でまだまだ理想へは程遠く、力不足も感じております。
今後も個々の能力の向上のためにチャレンジ精神満載で取りくんでまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です