平成29年節分

献立:巻きずし、きびなごのから揚げ、大根の七福あんかけ、春菊の和え物、吹雪汁、甘納豆

年初めからあわただしく考えていた仕事が半分も進まないうちに節分を迎えてしまい、当日に新横綱の稀勢の里の豆まきのニュースを見てようやく節分を実感したほど気忙しい毎日です。
「2月は逃げる3月は去る」という言葉もございますので気を引き締めて取り掛からねば。

さて、今年の節分もたくさん福をまきこんでくれそうな太巻きを何本もつくりました
実は当院には魚をさばく名人の調理師がおりまして、太巻きやら握りやらを本職の寿司職人にならったことがあるものですから、嬉々としてわたくしも教えていただきました。
その方が巻くと中のシャリもつぶれずに、崩れずふんわり、海苔もしゃっきりとして美味しいのです。
巻き寿司一つとっても料理は奥が深いもの。今年も学びの一年となりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です