平成28年端午の節句

献立:中華炊き込みご飯、鰹のたたき、三つ葉と新玉のかき揚げ、季節の含め煮、わさび和え、すまし汁、柏餅

端午の節句がすぎると鹿児島は一気に初夏の陽気になります。
今年も川原エコファームで収穫したグリンピース、三つ葉、新玉ねぎ、葉ネギ、などの野菜をふんだんに使って松花堂弁当をこしらえました。

この時期に収穫できるグリンピースやそら豆などの豆類は中医学的に胃腸の働きをよくし、身体にたまった湿気をとってくれる役目を果たします。
栄養学的にももちろんタンパク質やビタミンが多くすぐれた食材です。

また、わさび和えに使っているわさびも春から梅雨にむけての不安定な気圧でぼんやりしがちな身体の症状に最適です。
神経がさえわたり頭がぼんやりすることを食い止めてくれます。
こちらも一つ5月病予防に使ってみてもよいかもしれません。

季節の養生の手助けになるように、今後も頑張ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です