七夕御膳

献立:巻き寿司、カキフライ、七夕そうめん、カレーポテトサラダ、きゅうりの梅和え、すまし汁」

7月7日の『七夕様』。 昔から里芋の葉にたまった露で墨をすり、女の子が裁縫の上達を願って書いた短冊を大きな笹竹につるした中国の伝説。それが平安時代に宮中で星祭が行われ、梶の葉に和歌をしたためて想う相手に送ったので七夕のことを別名、文月と言うのです。
この時季にたくさん出来るきゅうり。 言わずとしれた夏の野菜で、当院のエコファームでも毎日大量に院長が収穫しています。そして、夏の臓器といえば心臓。 きゅうりの成分の「ピラジン」は心臓を助け、血液が固まるのを防ぐ働きがあります。またむくみに効果があり利尿効果のある「イソクエシトリン」などなど。夏は冷たい水分を多くとるのでその分腎臓にも負担が大きいです。ちゃんと汗をかいて旬の食材を摂ることで身体の調整は自然とできていくようにできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です