平成23年2月松花堂弁当 二回目

献立:れんこんの炊き込みご飯、刺身、かき揚げ、わさび和え、四季の和菓子、すまし汁

雪解け水をあらわす「雨水」をすぎると、まるで春がきたようなあたたかな一日が多くなってまいりました。
今回は昨年の秋に種まきをして先日収穫したごぼうをたっぷり使ったかき揚げを作らせていただきました。「春一番」の日あたりから,花粉症の症状がどっと出てきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?  春に影響が大きくでるのは「肝臓」です。

ごぼうは体を温める一方で、動脈硬化や血液をドロドロにしてしまう有害物質やコレステロールを吸着して体外に出す作用があります。サラサラな血液にして肝臓への負担を減らしてあげると花粉症の症状も緩和されます。さらに人参、鶏肉、レンコンは、「補血作用」といって血を作り出す効果があるとされています。春は「肝」が活発に働くので、血が不足しがちになります。このような補血作用のあるものを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です