平成22年7月七夕御膳

献立:稲荷寿司、から揚げと野菜のゴマだれかけ、七夕そうめん、オクラと枝豆の豆腐和え、海苔和え、赤だし

七夕は古くから行われている日本のお祭り行事で、一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。皆様も毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるしてお願いごとをしたのではないでしょうか?最近はせっかくの七夕でも梅雨のため天の川は見ることはできませんが、そうめんを天の川のように見立てて盛り付けを致しました。から揚げはゴマダレの酸味でさっぱりと、赤だしには川原エコファームで収穫した紫蘇の葉や茄子を使い香りがさわやかな夏向きの椀物になりました。薬膳では、香りの良いハーブ類は気の流れをスムーズにすると言われています。調子のでないときはこういったハーブ類や香辛料を使って夏を乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です