平成22年3月松花堂弁当

献立:筍ごはん、かつおの刺身、豚の青菜巻き、セロリの金平、あさりの味噌汁、フルーツ

「2月は逃げる」に続いて「3月は去る」といわれる通り、早くも3月が終わりに近づいてきています。

今回は春の食材をふんだんに使った松花堂弁当に致しました。かつおのツマの新たまねぎや金平のセロリは当院の畑で採れた作物を使用いたしました。

中医学ではこの時期、気のエネルギーの流れを体の隅々まで流すことが重要だと考えられています。セロリや筍、いちご、あさり、かつおどれも気の流れをスムーズにし、さらに肝に不足しがちな血を補ってくれる食材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です