平成21年2月松花堂弁当2回目

献立:鮭の混ぜご飯、菜花のかきあげ、風呂吹き大根、お浸し、なめこの吹雪汁、寒天よせ

日増しにあたたかくなり、春のおとずれを感じますね。土の中では種や芽が春に向かって活動しています。同じように私たちの身体の中も、雪解けのように春にむかって準備していく季節です。この季節の身体を知り、気持ちのよい春を迎えるための食材を取り入れた献立をご用意致しました。大根は消化を助ける働きがありますし、「春はアクを食べる」といわれています。
今回かき揚げに使った菜花の苦味にも腸内の余分な水分や老廃物の排泄を助け、身体のむくみをとる手助けをしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です