平成20年6月松花堂弁当

献立:鶏飯、モズク酢、出し巻き玉子、しらたきの梅かつお煮、まいたけのかき揚げ、フルーツ

6月水無月は鹿児島の奄美大島を代表する郷土料理、「鶏飯」に致しました。
慶長16年(1616年)奄美大島は薩摩藩の支配下にあり、その薩摩からの役人をもてなすための料理として考案されたと伝えられています。そのおいしさのあまり「殿様料理」とも言われています。
地鶏から取り出せる出汁はあっさりとしているので食欲の落ちるこの時期にも食べやすく、ご好評を頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です