骨盤内臓器脱

骨盤内臓器脱とは

骨盤内臓器脱(こつばんないぞうきだつ)は膣から骨盤臓器が脱出してくる病気で、出産を経験した比較的高齢の女性に多い疾患です。
それぞれの脱出を膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤と呼んでいます。
それぞれ単独で脱出することもあれば、多くの場合2つまたは3つすべての臓器が脱出してきます。
一番多いのが膀胱瘤です。

原因は加齢、肥満、分娩、便秘により骨盤を支える組織が弱くなってくるためです。
症状は陰部に丸いものを常に触れて、不快感でつらいという訴えが初期症状です。
膀胱瘤では排尿困難や残尿感を、直腸瘤では排便困難や便秘を伴うこともよくあります。
治療法はメッシュ(画像参照)を用いた手術がほぼ標準手術となっています。

骨盤内臓器脱1 骨盤内臓器脱2