精巣上体炎・前立腺炎

精巣上体炎

精巣上体(副睾丸)は精子の通り道にある器官で、尿の中の細菌が精巣上体に入り込み炎症を起こす病気です。
若い方ではクラミジアや淋菌による尿道炎が多く、高齢者では前立腺肥大や尿道狭窄などの病気で尿がよごれて炎症を引き起こすことが多いです。

症状は最初は軽い陰嚢の痛みから始まり徐々に陰嚢全体に広がり、赤く腫れて痛みを伴います。全身の発熱も起こります。

前立腺炎

前立腺の炎症で一般的には性感染症が原因にはなりませんが、クラミジア性尿道炎などが合併して前立腺炎を引き起こすことがあります。
急性前立腺炎と慢性前立腺炎では全く違った症状で、急性前立腺炎のときは高熱や排尿時に痛みがあったり、残尿感や頻尿・排尿困難などの症状があります。
比較的体力が弱っているときに起きやすいです。

一方で慢性前立腺炎は発熱もなく症状も穏やかですが、多くの原因が絡み合い治療に困難をきたす場合があります。
症状としては会陰部や下腹部、陰嚢部の鈍痛や不快感などで、残尿感や頻尿・排尿困難になることもあります。