2019年6月の行事食

献立:枝豆ピラフ、季節の前菜サラダ、牛肉と夏野菜のトマト煮込み、野菜と鶏肉のムース、なすびのキッシュ、キャベツのスープ、さっぱりレモンゼリー

夏至も近くなり青い梅も黄色みを帯びてほんのり赤く熟す頃となりました。
いつもなら、何か節季にあわせて行事食をおこなうのですが
6月だけは目立つものが少ないものですから、厨房職員がチャレンジしたいものを作らせていただいております。

今月は新しいNoritakeの洋皿を入れたのでフレンチに挑戦。

自家製のジャガイモや人参、なすび、ピーマンなどをふんだんに使った健康的なフレンチになったかと。
少しこってり重いメニューだったので、デザートのレモンゼリーは酸味を少し強めに仕上げてバランスとっております。

新しいジャンルの料理に挑戦をするたびに「料理って難しい」と・・うなっております。
病院の給食でどこまで挑戦できるか
長い道をまだまだ歩いていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です