2020年節分行事食

献立:巻き寿司、インゲンと人参のフライ、お浸し、大豆の煮もの、含め煮、沢煮椀

2020年があけて、あっという間に節分に。
今年は暖冬とのことで、鹿児島は霜の降りない日が多い冬となりそうです。

さて、節分に行う豆まきですが
豆ぶつけではなく、なぜ「豆まき」というのか。
鬼にぶつけるイメージの豆ですが、実は鬼は小さい物を数える習性があるとのこと。
つまり、豆を周りにまかれると咄嗟に豆の数を数えてしまい、あまりの数の多さにイヤになってしまって逃げるそう。
これまで長いこと「ぶつけるモノ」だと思っていたのでちょっとした驚きです。

行事食のいわれを文献で読み解くのもなかなかオツなものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です