2019年即位礼正殿の儀の行事食

献立:巻きずし、ハラミ蕎麦、春巻き、ニラの酢の物、里芋の胡麻和え、季節の水菓子、レモン大福

今年はどうやら一か月ほど季節が進むのが遅いようで、鹿児島に秋がやってくるのはもう少し先になりそうです。

10月の行事食は令和の記念すべき祝日「即位礼正殿の儀」にあわせて。

即位にあわせた祝日は、めぐりあわせで何度もある国事儀式ではありません。

もちろん病院の給食なので、豪華な御馳走にはできませんが、地産地消で丁寧に作らせていただき、精一杯のお祝いの食事に致しました。

畑で作成した自家製の野菜もふんだんに使い、里芋はピーナッツで和え物に、ニラは酢の物に。
まだ小さい桜島小みかんは薬味に使用いたしました。

また、沖縄産のバナナをいただいたので、季節の水菓子のひとつに。
甘みがさわやかで野趣あふれる味わいの食事になったのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です