平成30年11月の松花堂弁当

献立:稲荷寿司、鶏のから揚げ ほろふき大根、越前ふくさ、ごま酢和え、すまし汁、季節の水菓子

立冬から数えて15日目、小雪をむかえ鹿児島でも水道の水の冷たさで冬の訪れを感じます。
霜月はいつもは七五三をテーマにするのですが、今年は少し趣向を変えて時季をテーマに秋模様あふれる松花堂弁当に致しました。
秋と言えば当院ではほろふき大根。
飾り切りも手慣れたもので全員であっという間に風車のようなほろふき大根を仕上げました。
疾患食でも目で見て楽しんでいただき、食べて薄味でも味わい深く美味しく食べることができるのだ・・・・そう感じていただける食事を常に心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です