平成31年お節

献立:型抜きご飯、カニ爪フライ、鶏ロールチキン、黒豆、蒲鉾、伊達巻き、紅白なます、炒り鳥、豊年団子、お雑煮

新年あけましておめでとうございます。

新年の厨房の仕事始めはお節つくりから。
この日ばかりは冬のつめたい水もすがすがしく感じ身が引き締まります。

お節つくりは下ごしらえの丁寧さが出来上がりの良さを左右いたします。

ねじり梅は包丁で型をつくるのも大変ですが、ほかの具材と炒め煮にすると崩れてしまいがちなので取り分けて煮含めます。
鶏ロールチキンも冷えて表面にプルンとゼラチンがまとわりつくくらいが味が染みて食べ時。

調理師とともに朝早くから調理の仕込みをしているのですが、毎年盛り付けでバタバタしてしまいます。
それもお節つくりの醍醐味のひとつでしょう。

今年は平成最後の年となりました。どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

平成30年クリスマスメニュー

献立:クリスマスプレート、フライドチキン、オニオンスープ、クリスマスケーキ

クリスマスが近くなると、師走であわただしい中でも困っている誰かのために何か行動を起こそうという気持ちになる方も多いのではないでしょうか?
平成最後の今年のクリスマスメニューは自家製野菜や果物をふんだんに使ったものに致しました。

プレーティングの野菜はほとんど院内で収穫したものばかり。

サニーレタスや大根、大根葉、ラディッシュ、リーフレタス、桜島小みかん、白菜、深ネギなどふんだんに使用しております。
中でも今年は水菜の出来が最高に素晴らしく、茎の部分もやわらかく出来上がっています。

桜島小みかんのオランジェットも糖度が高く皮がやわらかいので上品な味わいです。

今年も残すところあと少し。
どうぞ皆さまよいお年をお迎えくださいませ。

平成30年11月の松花堂弁当

献立:稲荷寿司、鶏のから揚げ ほろふき大根、越前ふくさ、ごま酢和え、すまし汁、季節の水菓子

立冬から数えて15日目、小雪をむかえ鹿児島でも水道の水の冷たさで冬の訪れを感じます。
霜月はいつもは七五三をテーマにするのですが、今年は少し趣向を変えて時季をテーマに秋模様あふれる松花堂弁当に致しました。
秋と言えば当院ではほろふき大根。
飾り切りも手慣れたもので全員であっという間に風車のようなほろふき大根を仕上げました。
疾患食でも目で見て楽しんでいただき、食べて薄味でも味わい深く美味しく食べることができるのだ・・・・そう感じていただける食事を常に心がけています。

平成30年ハロウィンの行事食

献立:チキンライス、煮込みハンバーグ、里芋キッシュ、サラダ、スープ、かぼちゃプリン

日本では仮装行列でのお祭りが恒例となったハロウィンですが、本来は収穫祭。
今年の恵みに感謝し来年の収穫を願うそんな行事なのではないでしょうか。当院でも自家栽培の野菜を使ってささやかなハロウィンの給食を作らせていただきました。
キッシュの里芋、サラダのレタス、チキンライスの深ネギは当院の院長先生が毎朝精を出してエコファームで作っている野菜を使用いたしました。
ハロウィンの収穫祭にぴったりですね。例年はハロウィンならではの闇を感じるダークな大人の雰囲気あふれる献立なのですが、今年はかわいらしくしてみました。