2020年おせち料理

献立:押し寿司、伊達巻、信田巻き、祝いかまぼこ、鶏ロールチキン、紅白なます、炒り鶏、大きな唐揚げ、オーロラカスタード、お雑煮

毎年、おせち料理は「1年の事始め」と気合を入れて作らせていただいています。
おせち料理は簡単そうに見えて意外と難しく、丁寧に作り、そして配置よく盛り付けなければ美しく見えません。
皿にのった料理は「自分という人間をさらけだしたもの」といわれており、
何年も毎日のように厨房に入っていますが、料理するのが怖いと思うこともしばしば。
怖さを知っている間は慢心せずにすみそうです。
しかし、怖いと縮こまっていてもカラを打ち破ることもできません。
今年は柔軟な発想もとりいれて、給食経営を戦略的にこなしていく年にしてまいります。

2019年クリスマスの行事食

献立:チキンピラフ、季節の前菜、牛肉のワイン煮、コーンスープ、クリスマスケーキ

2019年は静かで、おだやかなクリスマスを迎えております。
ワイワイにぎやかで、忙しいクリスマスもよいものですが、ゆっくりしたクリスマスもいいものですね。
今年最後の行事食ということで、厨房スタッフみんなで頑張らせていただきました。
前日に収穫した季節の野菜もふんだんに利用した、オーガニックなクリスマスランチを目指しました。

来年ははたしてどんな年になるのか…それはまだわかりません。
しかし、きっとより良い年になり、私たち調理場は丁寧な仕事と効率化の分岐点をより深く探し出せる年になると感じております。

2019年即位礼正殿の儀の行事食

献立:巻きずし、ハラミ蕎麦、春巻き、ニラの酢の物、里芋の胡麻和え、季節の水菓子、レモン大福

今年はどうやら一か月ほど季節が進むのが遅いようで、鹿児島に秋がやってくるのはもう少し先になりそうです。

10月の行事食は令和の記念すべき祝日「即位礼正殿の儀」にあわせて。

即位にあわせた祝日は、めぐりあわせで何度もある国事儀式ではありません。

もちろん病院の給食なので、豪華な御馳走にはできませんが、地産地消で丁寧に作らせていただき、精一杯のお祝いの食事に致しました。

畑で作成した自家製の野菜もふんだんに使い、里芋はピーナッツで和え物に、ニラは酢の物に。
まだ小さい桜島小みかんは薬味に使用いたしました。

また、沖縄産のバナナをいただいたので、季節の水菓子のひとつに。
甘みがさわやかで野趣あふれる味わいの食事になったのではないでしょうか。

2019年9月松花堂弁当


生姜の炊き込みごはん、串カツ、手作りおぼろ豆腐、揚げ茄子のポン酢ジュレかけ、オクラそぼろ、そうめんの澄まし汁、季節の水菓子

中秋の名月と言葉があるように月が美しい季節がやってまいりました。
今年も満月のうさぎにかけて、お弁当箱の中で十五夜を表現してみました。

手作り豆腐に「す」が立ってしまったのが痛恨のミスでしたが、秋らしい行事食となったのではないでしょうか?

東洋医学の観点からもこの時期は季節の変わり目で体調不良になる方もいらっしゃいます。
旬の食材をたっぷり使って、元気になっていただけるお手伝いができる給食を目指しています。